いつの間にか出来ているおしりのニキビや湿疹のケア

おしりは普段自分ではなかなか見ることができないので、気がつかないうちに肌トラブルなどが起きてしまいます。

私の場合はよくおしりにニキビや湿疹のようなものができることがとても多いです。
ニキビはだいたい痛みを伴って気づきます。鏡越しで見てみると、一部蚊に刺されたように赤くなっていて、中央に膿が溜まっている時もあります。

痛みは2~3日は続くので、市販の塗るニキビ薬などを買ってきて塗っています。何も塗らずにそのままにしておくよりは、そういったニキビ薬を塗ったほうがわりと早く痛みは引くように感じます。

また、あせもができたりダニに刺されたりして湿疹のようなものがあったり、痒くて自然に掻いてしまい赤くただれたようになることもあります。
痒い時はかゆみ止めを塗りますが、あせもの時にはベビーパウダーを塗っています。おしりはどうしても通気性が悪くなるので、粉のベビーパウダーを付けると汗や湿気でじめった肌もサラサラになります。

お風呂で体を洗う時など、自分の目に付く部分はキレイに洗うように心がけますが、背中やおしりは目に届かないので適当に洗いがちです。
普段見えない場所だからこそ肌トラブルが起きないようにしたいので、しっかり洗って清潔な肌を保ちたいと思っています。