ベビーパウダーで蒸れに注意しニキビや汗疹を防ぐ

私は、夏になると毎年お尻のニキビや汗疹に悩まされています。
特に趣味の野球観戦に行ったあとは、お尻が痒くて仕方がないのです。
屋外の球場で3時間以上座っていると、ズボンやスカートなどのお尻のあたりが汗でビッショリになってしまいます。
外出先でズボンを脱ぐわけにもいかないですよね。
仕方がないので、家に帰るまではその濡れた状態のままでいます。
家に帰ってお風呂に入って念入りに洗うのですが、もうすでに汗疹やニキビができていたり痒みがあったりして時すでに遅し。
一度できてしまった汗疹やニキビはしばらく治りません。

また、人は寝ている時に大量の汗をかくといいます。
できるだけ風通しの良いシルクのパジャマなどを着て寝ているのですが、朝になるとまたお尻が汗でビッショリ。
いくら風通しの良いパジャマを着ていても、お尻と布団が密着しているから意味がないようです。
そして、やはり汗疹やニキビなどができてしまうのです。

いろいろ対策を考えたのですが、やはり一番シンプルな「蒸れたお尻をすぐに乾燥させる」という方法が良いと思うようになりました。
お尻が蒸れたと感じたら、できるときはすぐお風呂で洗って清潔にします。
そして少し恥ずかしいですが、裸のままうつぶせになりお尻がどこにも触れない状態にし、ベビーパウダーを叩きます。
少しお尻を空気に触れさせたあと服を着るようにしています。
ベビーパウダーはお尻を清潔にさらさらに保ってくれるので重宝しています。